衝動買いをしてしまう心理とは?【心の会計(メンタルアカウンティング)を知って無駄遣いを抑えよう!】

f:id:moto12345:20190321135350p:plain

ついつい無駄な物を買ってしまい、後悔したという経験がある人も多いのではないでしょうか。

現代のマーケティングは、人に物を買わせるように最適化されてきているので、ある意味ついつい買ってしまうのは仕方のないことです。

ですが、どんな時に浪費をしやすいか知っておくだけでも、無駄遣いを減らすことが出来ます。

衝動買いをしやすい心理状態を知って、無駄な出費を減らしていきましょう。

衝動買いを起こしやすくなるパターンがあるよ!

心の会計(メンタル・アカウンティング)とは?

行動経済学者のリチャード・セイラーが提唱したもので、人は合理的にいつでも同じようにお金の判断をしているのではなく、状況に応じてお金を感覚的に判断しているという心理を心の会計や心の家計簿と呼んでいます。

例えば、200円の品物から100円割引された場合と、1万円の品物から100円割引された場合を比べると、同じ100円の割引にもかかわらず、200円から100割引きになった方が、お得だと感じる人が多いと思います。

このように、人は合理的ではなく感覚的にお金の判断をしているということです。

人は合理的に判断するのではなく、感覚的に判断する傾向がある
 

衝動買いをしてしまう心理

①使うカテゴリによって浪費のしやすさがある

人は同じものを買うにしても、食費、交際費、旅費など使うカテゴリによってお金の使い方が変わってきます。

例えば、普段ご飯を食べに行くときは、4000円もする料理を注文しようとは思いませんが、友達との飲み会や旅行中だと平気で4000円以上使ったりするのは、食費ではなく交際費や旅費のカテゴリとしてお金を使っているからです。

旅行中だといらない物をついつい買ったりしすることに、心当たりはないでしょうか?
出費の大きいカテゴリでお金を使うときは、注意が必要になります。

出費の大きいカテゴリでお金を使うときは追加の出費に注意が必要
 

②苦労せずに得たお金は浪費しやすい

苦労しないで得たお金は働いて得たお金に比べて浪費しやすいという傾向があります。
これをハウスマネー効果と呼びます。

  • セール品を思いのほか安く買えたので、浮いたお金で別の買い物をした
  • ギャンブルで儲けたので、少し高い買い物をした

なども同様の心理となります。

どのような方法で得たお金だとしても、お金の価値が変わるわけではありません。

思いがけない収入があった時には無駄な浪費に注意

③高い買い物の後は浪費しやすい

人は相対的に価値を判断してしまいます。

例えば、今いるお店で3000円の服が、5分歩いたところの別のお店で1000円引きされていたら、別の店まで移動して買う人は多いと思います。

しかし、車を買うとなると100万円の車が、5分歩いたところの別のお店で1000円引きで売られてようが、移動する人はほとんどいません。
それどころか、何万円もするオプション品を簡単に買ったりします。

大きな買い物をすると金銭感覚がくるった状態となります。この状態だと普段よりも他の物を安く感じてしまうので、追加の出費をしないよう注意が必要です。

高額な買い物の後は追加の出費に注意
 

まとめ

いくつか衝動買いしやすいパターンをご紹介しましたが、普段から意識できていたという方はいらっしゃったでしょうか。

  • カテゴリ別での買い物に注意
  • 臨時収入の後に注意
  • 大きい買い物の後に注意

など、衝動買いをしやすくなるパターンをいくつか覚えているだけでも、無駄な出費をおさえるためのヒントになります。

人は間違った判断をしやすいことを知って、普段の生活から気を付けていくことが大切です。

浪費を減らして、お金を貯められるようにしていきましょう!



●参考文献

筒井 義郎 (著)、佐々木 俊一郎 (著)、山根 承子 (著)、グレッグ マルデワ (著)、Greg Mardyla (原著)(2017年)『行動経済学入門』東洋経済新報社.

行動経済学入門

 

行動経済学入門

  • 作者: 筒井義郎,佐々木俊一郎,山根承子,グレッグマルデワ,Greg Mardyla
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
金融知識
スポンサーリンク
ポンコツSEの株式投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました