効率的市場仮説とランダムウォーク理論を簡単に解説【基礎知識】

個別株投資を行う上で重要となるのが、市場平均に勝てるかどうかということです。

市場平均に勝てないのであれば、おとなしくインデックス投資をしていた方が利益につながるので、個別株を分析する時間は無駄ということになります。

市場は効率的であるため市場を継続して上回ることはできないという、効率的市場仮説というものがあるので、基礎知識として簡単に説明をしておきます。

投資を知る上で知っておきたい基礎的な理論だよ!

ランダムウォーク理論

まず効率的市場仮説の前提知識となる、ランダムウォーク理論についてです。

ランダムウォーク理論とは、株価は株取引をしている買う人と売る人の取引結果によって決まるので、売りと買いが均衡した価格となる。

そのため、今の価格から上がるか下がるかは、50%の確率でランダムに動くため、株価を事前に予測することはできないという考え方です。

この考え方が効率的市場仮説のベースとなる理論になります。

効率的市場仮説

経済学者のユージン・ファーマが提唱したもので、利用可能である情報は瞬時に株価に織り込まれるため、継続して過剰なリターンを上げ続けることはできないという仮説です。

簡単に説明すると、株価に影響する良いニュースがあっても、全世界の人が株を一斉に買ったり売ったりすることで、一瞬のうちに需要と供給のバランスが取れた価格にすぐさま織り込まれてしまいます。

そのため、株価は常に正しい状態であり、今後の株価は上がるか下がるかがランダムになるので、株価の予測により利益を出すことはできないという考え方です。

もちろん、市場が完全に効率的になるには条件がありまして、

  • 情報の流通コストがかからない
  • 取引コストがかからない
  • 投資家は常に合理的な行動をする

という前提が必要なので、完全に満たした状態で検証するというのは不可能といって良いでしょう。(だから仮説となっています)

市場がどれほど効率的であるかについては、次の3種類に分けられます。

ウィーク型効率性 

ウィーク型効率性では、過去の価格の分析から未来の価格を予想することはできないことが仮定される。株価の履歴やその他の履歴に基づく投資戦略を用いて長期的に過剰報酬を稼ぐことはできない。何らかのファンダメンタル分析が過剰報酬をもたらすことがあったとしても、テクニカル分析の技術が過剰報酬を継続的に生み出すことはない。

セミストロング型効率性

セミストロング型の効率性では、新しい情報が得られたときに株価が急速にかつ偏りなく調整すると仮定し、そのために情報に則った取引では過剰報酬を得られないとする。セミストロング型の効率性ではファンダメンタル分析もテクニカル分析も過剰報酬をもたらさないことになる。

ストロング型効率性

ストロング型効率性では、株価は公及び内輪のものを含んだ全ての情報を反映していて、過剰報酬は誰も得ることができないことになる。インサイダー取引法のような法的防壁によって内輪の情報が公になることを防いでいる場合には、法律が普遍的に無視されるような場合を除いてストロング型効率性の成立は不可能である。

引用:「効率的市場仮説」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
最終日付(更新日付)2019年5月29日 (水) 03:22 
URL: 効率的市場仮説 – Wikipedia

 ①ウィーク型効率性

過去の価格情報は全て株価に織り込まれるため、テクニカル分析では利益がだせないということになります。

現在、上昇中の株はその後も続伸しやすい傾向があるモメンタム効果など、価格情報が今後の株価を予想するのに統計的に有意だという研究結果もあるため、一部のテクニカル分析は機能しているといわれています。

しかしながら、ほとんどのテクニカル分析は効果が実証されていないため、ウィーク型には届かないものの、近い効率性があるのと考えられます。

②セミストロング型効率性

価格情報を含む新しい公開情報があっても、すぐさま株価に織り込まれるため、テクニカル分析とファンダメンタルズの両方で利益がだせないということになります。

現在、決算発表などのサプライズも次の日にはすぐ織り込まれるようになってきていますが、バリュー、サイズ、収益性、クオリティなどのファクターは、統計的に有意だという研究結果があり、ファンダメンタル分析も機能しているため、セミストロング型までは効率化されていないように思います。

③ストロング型効率性

株価は公開情報以外のインサイダーなどの内部情報も全て織り込んでいるため、いかなる人も確率のばらつき以上の過剰利益が出せないことになります。

そもそも内部情報を含めた全ての情報が瞬時に伝わることはないので、そこまで効率的だということはないでしょう。

効率的市場仮説を支持している人

インターネットの普及により、あらゆる情報が全世界に対して瞬時に伝達されるため、市場はどんどん効率化しているといわれています。

既にかなりのレベルまで市場は効率化されているため、市場平均の成績となる低コストのインデックス投資をした方が良いという考えを持つ人たちも多いです。

効率的市場仮説を支持しているというよりは、低コストのインデックスファンドを支持しているといったほうが正しいかもしれませんが…

インデックス投資を支持している代表的な人としては、

バートン・マルキール

プリンストン大学教授の経済学者。
著書:「ウォール街のランダムウォーカー」など

チャールズ・エリス

投資コンサルタントで全米公認証券アナリスト協会会長を歴任。
著書:「敗者のゲーム」など

ジョン・C・ボーグル

世界的に有名なバンガード社の創業者で、はじめて個人投資家向けのインデックスファンドを設立。
著書:「インデックス投資は勝者のゲーム」など


など、そうそうたるメンバーがインデックス投資を行うべきだという主張をしています。

個別株をやるにしてもインデックス投資と並行してやることをオススメします。

まとめ

 効率的市場仮説には、それぞれ効率化のレベルがあり、

  • ウィーク型
    • ⇒テクニカル分析が無意味
  • セミストロング型
    • ⇒テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析が無意味
  • ストロング型
    • ⇒インサイダーを含む全ての分析が無意味

であることをご紹介しました。

これらの効率性を見る限り、経済学者の中では、

インサイダー情報」>「ファンダメンタルズ分析」>「テクニカル分析」

の順で効率化されにくいと考えられているようです。

インサイダー情報をつかむことは不可能に等しいので、効率化されにくいと考えられる、ファンダメンタルズ分析⇒テクニカル分析の順で、投資戦略を考えた方が良いかもしれません。

効率的な市場と言われてはいますが、私を含め会計の知識がなく会社の価値を正しく評価できない人も市場に参加している状況から、市場が完全に効率的になることはしばらく無いと思います。(一人一人は正しい判断ができていなくても、全体ではある程度正しい価格がつくという現象はあるようですが)

仮に市場が効率化されたとしても、以下のように効率⇒非効率⇒効率を繰り返すことも考えられますので、現時点では効率化されてしまうことをそこまで気にする必要はないかと。

①ヘッジファンドやアクティブファンドが利益を出せなくなり廃業
②低コストのインデックス投資のみが主流になる
③市場に連動するだけの投資が極端に大きくなり、少数のノイズトレーダーの影響が強まる
④ノイズトレーダーの影響で市場がまた非効率になる
⑤市場の非効率性から利益を生み出そうとするヘッジファンドやアクティブファンドが復活

コメント

タイトルとURLをコピーしました