ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違い【株の分析方法の実例も紹介】

投資をする上で、投資方針や計画を立てることは重要です。
方針を決めずに行動をして「失敗してしまった…」という経験は誰しもあるのではないでしょうか?

投資の世界でもやみくもに取引をするだけでは、失敗することは目に見えています。
まずは代表的な分析方法を知って、自分なりの投資方法を明確にしてみましょう。

何事も方針を決めることが大事!

株の分析方法

はじめに株価の決まり方についてふれておくと、株価は主に以下の要因で決まるといわれています。

株価=企業価値×市場心理

会社の業績だけ良くても、市場に参加している人がその価値に気づかなければ株価は上がらないですし、不況の時などは個別銘柄の業績に関係なく、ほとんどの銘柄が下落することになります。

株の分析法としては、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つがあり、企業価値を測るにはファンダメンタルズ分析、需供や市場の反応を知りたいのならテクニカル分析を使用することが多いです。

ファンダメンタルズ分析

企業の財務や成長性など企業価値を分析する。
⇒会社の質が分かる
⇒銘柄を絞る参考にしやすい

テクニカル分析

株の過去の株価データの履歴であるチャートを見て売買のタイミングを分析する。
⇒需給や業績・ニュースに対する市場の反応などが分かる
⇒売買タイミングの参考にしやすい

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違い

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、経済成長率などのマクロ要因、企業の財務指標や強みなどを分析して投資判断をするというものです。

企業の分析には、 PER、PBR、ROEなどの投資指標を使うことが一般的ですが、企業独自の強みの有無など会社の価値を測ろうとする分析は、ほとんどがファンダメンタルズ分析に分類されます。

ファンダメンタルズ分析は、テクニカル分析よりも有効性が高いといわれていますが、いわゆる機関投資家と呼ばれる投資のプロたちが時間とお金をかけて分析しているので、個人投資家がそのレベルの分析をするといったことは難しいでしょう。

かといってチャンスが全くないわけではありません。例えばアナリストや機関投資家の参入が少ない時価総額の小さい会社を中心に分析するといったアプローチは有効な可能性があります。

また、割安(PER、PBRが低いなど)な会社ほど株価が上がりやすいなど、統計的に有効といわれている指標を使って分析していくことで利益を出すことは可能だと思います。

ファンダメンタル分析についての個人的な見解では、

  • 統計的に有効と実証されている指標が多い
  • 会社の価値やマクロ的な経済状況を分析するのは個人レベルだと難易度が高い
  • 注目度の低い銘柄は値付けが間違われやすい(割安のまま放置されているなど)

と考えているので、細かい分析はせずに注目度の低い銘柄の統計的に有効な指標を確認するという、単純な方法を採用しています。

ファンダメンタルズ分析の中でも、定性的な情報(製品の良さ、経営者の手腕など)は使用せずに、定量的に評価が可能な情報(PER、ROEなどの指標)を使用して機械的に投資する場合は、「クオンツ分析」と呼ばれる分析手法になります。

プロの投資家(機関投資家)が使うのは、ファンダメンタルズ分析が多いよ!

テクニカル分析

テクニカル分析は過去に株価がどう動いたのかのチャートを分析し、売買の参考にするというものです。
短期の移動平均線が長期の移動平均線を超えた時を買いシグナルとするゴールデンクロスなどが有名です。

ただし、テクニカル分析は有効性が実証されていないことが多く、ゴールデンクロスなどの売買ルールは逆に損をしやすい傾向があるなど、一般的に買いシグナルとされている方法を使っても利益につながらないことも多いです。

よく、チャート分析は過去全ての取引結果なので、「業績や市場心理なども全て織り込まれた分析ができる」と主張する方もいますが、株で重要なのはこれから業績がどこに向かうのかという将来性なので、テクニカル分析だけで投資判断をするのは危険だと考えています。(ファンダメンタルズ分析を併用した方が良い)

悪い面ばかり取り上げてしまいましたが、優れている面もありまして、

  • 株価がどの方向に向いているか(トレンド判定)
  • 期間別のパフォーマンス状況
  • 株価の周期性

などを分析するには直感的で分かりやすいため、売買タイミングの参考にしやすいです。

テクニカル分析は有効性が実証されていないものも多いので注意して使おう!

株を分析するときの実例

ファンダメンタルズ分析+テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析をご紹介しましたが、どちらかを選んで使用するというよりは、組み合わせて使った方が良いです。

私も個別株投資をしていますが、経験上ファンダメンタルズ分析で有望な銘柄に絞った上で、テクニカルな部分を確認すると銘柄選定がしやすかったです。

例えば、以下のように組み合わせます。
※例として『バフェットコード』の条件検索機能を使用

①時価総額が小さい、PER、PBRが低い、自己資本比率が高い企業をピックアップ
(例:時価総額<=300億円、予想PER<=12倍、PBR<=1.5倍、自己資本比率>=70%)
⇒簡易的なファンダメンタルズ分析

②その中で直近1ヵ月の間で大きく株価が下落している会社を探す
(例:1ヵ月前の株価から-15%よりも下落している)
⇒簡易的なテクニカル分析

まとめ

株を分析する方法には、大きく分けて、

  • ファンダメンタルズ分析
  • テクニカル分析

があることを説明しました。

それぞれに長所があるので、どちらか片方を使用するのではなく、投資方法に合わせて両方使うと良いかと思います。

一般的に売買タイミングよりも、

  • どんな資産を保有しているか?
    • 例:日本株、米国株、債券
  • どんな特徴の銘柄を保有しているか?
    • 例:割安株(バリュー)、小型株(サイズ)

がパフォーマンスに大きく影響するといわれています。

そのため、優先度をつけるとするなら、
「ファンダメンタルズ分析」>「テクニカル分析」
と考えて良いと思います。(あくまで個人的な考えですが)

ぜひ、投資する上での参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました